ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

AIを活用して通信事業者ネットワークへのサイバー攻撃を検知・分析

セキュリティセンターのアナリストが不足

2019年7月8日、日本電気株式会社は、通信事業者のネットワークを流れる信号情報を基に、サイバー攻撃を検知・分析するAI製品(以下、同製品)を開発し、販売を開始した。

IoTをはじめとする様々なデータが通信事業者のネットワークに流通し、その量が日々増加している一方で、サイバー攻撃の手法が進化して、被害件数も増加している状況だ。

このようななか、通信事業者では、ネットワークを解析してサイバー攻撃を検知・分析しているが、高度なノウハウを必要とするアナリストの人員が不足している状況だ。

そこで、同社は、通信の制御信号のデータが持つ特徴をAIでモデル化し、サイバー攻撃を検知して統合的に分析する同製品を開発した。

同製品を導入することで、サイバー攻撃を検知・分析する工数が最大90%削減されるとしている。

サイバー攻撃を検知・分析するAI製品の概要

同製品では、通信事業者ネットワーク固有のプロトコルや通信信号から制御信号の特徴を抽出し、モデル化するAIを開発することで、人によらない分析を可能とした。

また、ホワイトボックス型AIにより、AIが導き出した結果に至る理由(判断根拠)を確認でき、平時の通信状態をモデル化し、その基準から大きく外れた振る舞いを示した通信をサイバー攻撃の可能性と判断する。
(画像はNEC公式ホームページより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201907/20190708_02.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ