ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

清水建設、千葉県の若手農業法人と共同で営農型太陽光発電事業を展開

一つの土地で農業と発電事業を同時に行なう取り組み

2019年12月25日、千葉エコ・エネルギー株式会社(以下、千葉エコ)、株式会社つなぐファーム(以下、つなぐファーム)および清水建設株式会社(以下、清水建設)の3社は、共同で事業開発を進めてきた営農型太陽光発電所「千葉大木戸営農型太陽光発電所」(以下、同発電所)が、商業運転を開始したと発表した。

営農型太陽光発電事業とは、一つの土地で農業と発電事業を同時に行う取り組みで、新しい農業の形態として普及が進んでいる。

このようななか、同発電所が所在する千葉市では、2030年度における農地を利用した太陽光発電の導入目標を4,643kWと定めており、千葉エコとつなぐファームは、今後も、再生可能エネルギーの導入や、地域の農業振興に貢献する事業を展開していくとしている。

「千葉大木戸営農型太陽光発電所」の概要

同発電所は、清水建設が発電事業を展開し、千葉エコが発電設備を管理運営するとともに、つなぐファームが農業を担って「アグリマネジメント」サービスを提供する。なお、つなぐファームは、千葉エコが設立した農業法人だ。

また、発電した電気は、清水建設グループによる小売電気事業を通じて需要家に供給しながら、地域密着型のビジネスモデルを模索していくとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

清水建設株式会社 ニュースリリース
https://www.shimz.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS