J-GoodTech新規登録はこちら

建設現場向け360度画像データ管理サービス「StructionSite」の販売体制を構築

建設現場向け360度画像データ管理サービス「StructionSite」の販売体制を構築

360度カメラで撮影した画像や動画を図面上に配置し管理

2020年 02月 20日、株式会社大林組(以下、大林組)、株式会社オーク情報システム(本社:東京都墨田区、社長:丸山千秋)、株式会社チェンジ(以下、チェンジ)、およびStructionSite, Inc.(以下、StructionSite社)の4社は、360度カメラで撮影した画像や動画を図面上に配置し管理するサービス「StructionSite」(以下、同サービス)の日本での販売体制について基本合意したと発表した。
StructionSite社が開発した同サービスは、既に全米で150社以上が利用している。
また、大林組は、米国シリコンバレーの拠点「シリコンバレー・ベンチャーズ&ラボラトリ(SVVL:Silicon Valley Ventures & Laboratory)」を通じて、2018年9月にStructionSite社に資本参画し、大林組グループが施工する国内外の建設現場で同サービスを利用しながら、機能拡充を支援してきた。

「StructionSite」の特長

同サービスでは、PCやモバイル端末からアクセスして、いつでもどこからでも建設現場内の状況を確認できるうえに、「チャット機能」を利用して、建設現場の気になった箇所についてチームメンバー内で指示や報告をやり取りできる。
また、同じ撮影地点の画像を履歴で管理し、画面上で並べて表示することや、二つの画像を連携して向きや角度を同時に動かすことができる。さらにBIMモデルを画像データとして取り込むことで、建設現場とBIMモデルとの比較もできる。
さらに、360度カメラのビデオ機能を利用した自動撮影が可能で、建設現場内を移動しながら撮影した画像データが自動的に図面の適切な位置に配置されるため、建設現場を歩き回るようにして確認できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社大林組 プレスリリース
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news20200220_1.html

すべてカテゴリの最新記事