ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

多目的産業向けAIエッジコンピューター搭載ドローンを開発

産業に則した機能や性能を備えたドローンのニーズに対応

2019年7月24日、株式会社A.L.I. Technologiesは、多目的産業向け国産AIドローン「A.L.I. Number One(エーエルアイ ナンバーワン)」(以下、同ドローン)を開発したと発表した。

様々な産業分野において、ドローンを活用する期待が高まるに伴い、ドローンに対する要望が、一般的に市販されているドローンのような映像撮影に留まらず、業務で必要な機能・性能や機材など、専門性の高い機能を備えたドローンになっている。

このようななか、同社は、様々な業務で要求あれる機能や環境に対応し、高度かつ柔軟な運用を実現する同ドローンを開発したとのこと。

なお、同社は、AI搭載型ドローン、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業や、実用型ホバーバイクなどのエアーモビリティ事業を展開している。

「A.L.I. Number One」の概要

同ドローンは、AI推論が可能なエッジコンピューター機能を搭載しており、AIによる解析結果をリアルタイムでドローン操作者に送信でき、従来のように、データーをメモリーカードなどのストレージデバイスを経由して獲得し、飛行後にAI機器などで解析する段取りが必要なくなる。

このため、大型イベントでの不審者検出や、災害時の土砂崩れ予測等、リアルタイム性が求められる分野での活用が期待される。

さらに、同社のAI画像解析クラウド「SMARK」に接続し、高性能な画像解析を行うなど、搭載エッジコンピューターとクラウドを柔軟に使い分けることもできる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

A.L.I. Technologies ニュースリリース
https://ali.jp/2019/07/24/1801/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ