J-GoodTech新規登録はこちら

「ロボット汎用プラットフォーム」を活用して「おはなしコウペンちゃん」を製品化

「ロボット汎用プラットフォーム」を活用して「おはなしコウペンちゃん」を製品化

コミュニケーションロボット開発のオールインワンプラットフォーム

2019年7月9日、VAIO株式会社は、2019年1月に発表した「ロボット汎用プラットフォーム」(以下、同プラットフォーム)を活用し、コミュニケーションロボット「おはなしコウペンちゃん(仮称)」(以下、同ロボット)の製品化を決定したと発表した。

ロボットを開発するには、ハードウェアとソフトウェアを設計するとともに、クラウドサービスを活用する技術やノウハウが必要である上に、発売後の運用面まで含めて、1企業で完結するものではないため、費用や時間の面で課題があった。

このようななか、同社は、ロボットを開発し運用するために必要なハード・ソフト・ソリューション・クラウドサービス・サポート・各種サーバ等、全ての機能を提供する同プラットフォームを構築した。

「おはなしコウペンちゃん」とは

「コウペンちゃん」とは、イラストレーター“るるてあ”さんが描くコウテイ(肯定)ペンギンの赤ちゃんで、何をしても肯定してくれる姿に人々が癒されることで、Twitterなどで話題となっているキャラクターだ。

同社が、同プラットフォームを活用して開発した同ロボットを、2019年1月のロボデックスに参考出品したところ、製品化を希望する声が多くあったため、発売が決定したとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

VAIO プレスリリース
https://news.vaio.com/robot_190709/

すべてカテゴリの最新記事