J-GoodTech新規登録はこちら

みんなのタクシー、名古屋地域でタクシーアプリ「S.RIDE」のサービスを開始

みんなのタクシー、名古屋地域でタクシーアプリ「S.RIDE」のサービスを開始

アプリによる配車が増加

2020年2月20日、みんなのタクシー株式会社(以下、みんなのタクシー)は、2020年3月1日より、名鉄タクシーホールディングス株式会社(以下、名鉄タクシー)傘下のタクシー事業者会社6社で、タクシーアプリ「S.RIDE」(以下、同アプリ)による配車サービスを開始すると発表した。
名鉄タクシー傘下の名鉄交通第一株式会社・名鉄交通第二株式会社・名鉄交通第三株式会社・名鉄交通第四株式会社・愛電交通株式会社・名鉄名古屋タクシー株式会社は、名古屋地域において、計924台のタクシーを保有する。
また、年間230万件以上の配車件数のうち、20%超がアプリによる配車とのこと。今後は、アプリによる配車がさらに増加すると見込まれるため、同アプリを導入して、より快適に名鉄タクシーを利用できる環境を提供することとなった。

タクシーアプリ「S.RIDE」の特長

同アプリを提供するみんなのタクシーは、都内タクシー事業者、及びソニーグループの合弁企業で、株主である都内タクシー事業者が保有するタクシー車両は現在1万台を超えており、都内で最大規模である。
同アプリの名称は、Simple、Smart、Speedyな乗車を提供するタクシーを象徴しており、アプリをワンスライドすることで、タクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができる。
みんなのタクシーは、今後、全国のタクシー事業者が同アプリを利用できる環境を整備していくとともに、豊かな社会につながるモビリティサービスを追求していくとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

みんなのタクシー株式会社 ニュースリリース
https://www.mintaku.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事