J-GoodTech新規登録はこちら

ゲヒルン、「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版を配信開始

ゲヒルン、「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版を配信開始

気象庁からプッシュ型通知サービスの協力事業者に選定されて開発

2019年12月18日、ゲヒルン株式会社は、「特務機関NERV防災アプリ」Android版(以下、同アプリ)の配信を開始したと発表した。

同社は、気象庁から「大雨・洪水警報の危険度分布」に係るプッシュ型通知サービスの協力事業者に選定されたことに伴って、気象庁と協力して同アプリの大雨危険度通知機能を開発した。

同アプリで提供する防災気象情報は、気象業務支援センターの専用線から直接受け取るとともに、同社が開発した技術により、国内で最速に配信するという。

なお、開発メンバーは、東日本大震災や熊本地震で実家が被災したエンジニア、防災士の資格を持つデザイナー、オーストラリア在住のデザイナー、地理空間情報のビジュアライゼーションに長けた開発者など、多彩な背景を持っている。

「特務機関NERV防災アプリ」の概要

同アプリでは、天気や台風の予報、雨雲レーダー、地震・津波・噴火の速報、特別警報や土砂災害の情報などをはじめ、様々な防災情報を一つのアプリで受信できる。

また、防災情報の種類、緊急度等に対応して、通知音・バイブレーションを行わない通知や、緊急度の高い「重大な通知」など、送り分けており、緊急地震速報(警報)や津波警報などの重大な通知はマナーモードやおやすみモードに設定中でも強制的に鳴動する。なお、強制的な鳴動は、設定画面から無効にもできる。

さらに、シンプルで視認性が高い「AXIS Font」をアプリ内に搭載したデザインで、色覚異常の人でも見やすい配色、視覚障害や読字障害の人にもわかりやすい音声読み上げなどの機能も重視している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ゲヒルン株式会社 プレスリリース
https://www.gehirn.co.jp/news/2019-12-18/01-press-nervapp/

すべてカテゴリの最新記事