ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NTT、心電や温度・湿度などを計測できるウェアラブルセンサを開発

温暖化対策として、暑熱環境が人体へ与える温熱的な負担を可視化

2019年11月8日、日本電信電話株式会社(以下、NTT)は、心拍数・心電波形などの生体情報とともに、ウェア内の温度や湿度の環境情報を取得・送信するウェアラブル生体・環境センサ(以下、同センサ)のプロトタイプを開発したと発表した。

地球温暖化が進展し、気温が上昇して生活環境への影響が懸念されるに伴い、暑熱環境が人体へ与える温熱的な負担を可視化する技術が求められている。

このようななか、NTTでは、機能素材「hitoe」(以下、同素材)で培ったウェアラブルデバイス技術を活かし、環境が生体に対して与える影響を把握するためのウェアラブル生体・環境センサの開発を行ってきた。

同素材は、東レ株式会社とNTTが開発した非金属素材で、心拍数、心電波形や、R波の間隔から推定される睡眠データなどの生体信号を高感度に検出でき、最先端繊維素材であるナノファイバー生地に高導電性樹脂を特殊コーティングすることで、耐久性に優れている。

今回開発したウェアラブル生体・環境センサの概要

同センサは、インナーウェアの前面正中部に装着することで、アウターウェア内の温度や湿度、上半身の加速度や角速度とともに、心電位を計測する。

これらのデータは、センサに搭載した無線モジュールによりセンサ着用者のスマートフォンやIoT-GWに送信され、リアルタイムにデータをモニタリングできる。

さらに、ウェアラブル生体・環境センサの内部で心拍数、RRI、歩数、上半身の傾きなどの様々な特徴量を解析し、内蔵メモリに蓄積する機能を備えており、スマートフォン等と常時接続していない場合でも、計測を継続して必要な特徴量を後から一括して読みだすことも可能になった。
(画像はNTT公式ホームページより)

▼外部リンク

NTT ニュースリリース
https://www.ntt.co.jp/news2019/1911/191108a.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ