ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ゲリラ豪雨に対応!リアルタイム浸水システム開発

システムの概要と有効性

早稲田大学、東京大学などの研究チームは、ゲリラ豪雨などに起因する浸水被害軽減や予防、避難経路のシミュレーションに役立つ、浸水予測システムを開発した。

2019年6月末までに試行運用開始を目指し、来年の2020オリンピックまでに本格運用を目指す。試行運用に関しては、東京23区を対象とし、データ統合・解析システムDIAS(※)上で行われる。

※DIASとは、文部科学省が管理するシステムで、自然に関するデータを収集し解析などを行うものである。

近年増すゲリラ豪雨

近年世界的に温暖化が話題になる中、日本各地でもゲリラ豪雨に見舞われることが増えてきている。

急に豪雨が発生した場合、私たちは急激なスピードで浸水することで、孤立することはもちろんのこと、命の危険に晒される可能性もあり、数分程度の情報の遅れが命取りとなる、と言っても大げさではないでしょう。

このシステムを利用すれば、5分更新というほぼリアルタイムで浸水エリアが把握できるため、いち早く避難することができる。

今後の活用について

2020のオリンピックは夏に開催ということで、急な豪雨となることが予想されます。開催期間であれば、海外からのたくさんの観戦客がやってくることから、このような状況下ではパニックに陥ることも考えられるでしょう。

本格運用も2020年の早い時期に行い、外国人の方にも周知することで最悪の事態を回避できると考えます。このシステムを有効活用できるよう努めましょう。
(画像は早稲田大学HPより)

▼外部リンク

早稲田大学HP
https://www.waseda.jp/top/news/64900

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ