ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

独自のAI技術で脅威の分析にかかる時間を従来比92%削減

ネットワークインフラの脅威を調査するAI

2019年9月5日、Darktrace(ダークトレース社)は、検知した脅威の種類や起源を、AIが高速で継続的かつ自動的に調査分析できる新技術であるCyber AI Analystを発表した。

セキュリティ業界を変革する能力を擁するこの技術をすでにテスト導入した顧客のセキュリティチームは、脅威を調査して結論を役員に報告するまでの時間を92%削減したという。

ダークトレース社は、内部ネットワークの脅威を自動遮断する技術を世界で初めて開発をしたサイバーセキュリティ分野で世界をリードするAI企業だ。

人間の免疫システムに着想を得たダークトレースの自己学習型AIは世界各国で3,000社以上の組織に導入されているという。

クラウド、Eメール、IoT、企業ネットワーク、などあらゆる種類のネットワークインフラを、内部脅威、産業スパイ、IoTデバイスのハッキング、データの損失、サプライチェーンリスク、長期にわたる重要インフラの脆弱性などを含む未知の脅威からリアルタイムに保護を行う。

人間を遙かに超えるスピードで対応

今回発表されたCyber AI Analystは、英国ケンブリッジに拠点を置くダークトレース社の研究開発センターにおける3年以上におよぶリサーチの成果によるものだ。

人間がセキュリティインシデントを調査する際、パターンを見つけ出し、仮説を立て、脅威を中和する方法に関する結論を導き、分析結果を他の部署と共有するというプロセスに通常30分から半日を費やすという。

Cyber AI Analystは、機械学習とAIのアルゴリズムを駆使して顧客のネットワーク内の「正常」な挙動と「異常」な挙動を自動的に理解する技術であるEnterprise Immune Systemが検知した内容を、ダークトレース社のアナリストが調査分析する際の数百万におよぶ思考パターンを学習することにより驚異的なスピードと一貫性を保ちながら人間の専門知識とAIのスケーラビリティを統合するのだという。

一見すると異質に見える事象間のあらゆる関連性を自動的に調査できるAIの能力は、「意味付けまでの時間」を劇的に短縮し、人間のセキュリティチームがサイバー攻撃のスピードに追いつくまでの時間を確保することにつながるという。
(画像はホームページより)

▼外部リンク

ダークトレース・ジャパン プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/192625

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ