J-GoodTech新規登録はこちら

大成建設などが、世界最高強度の吹付けコンクリートを開発

大成建設などが、世界最高強度の吹付けコンクリートを開発

トンネル工事などで活躍する

2019年10月29日大成建設株式会社、BASFジャパン株式会社、株式会社デイ・シイは共同で、トンネル掘削時に使用する吹付けコンクリートの開発を発表した。

この製品は、掘削後からトンネル内面を生コンクリートで固めるまでの間使用されるものであるが、強度は従来の2倍で世界最高水準である。

これにより支保工を二重にするなどの手間が不要となり、大幅な工期短縮につながる。

粘性を低下させ粘着性をアップ

特徴としては、低い粘性を実現したことで流動性が良くなり、壁面への付着性がアップし跳ね返りを抑えられることであるが、脱落しにくいため材料のロスが少なくなるメリットがある。

既存の吹付け機械がそのまま利用できることも、コストメリットとして考えることができる。

なお、従来の吹付けコンクリートに比べ、空気中に飛散する粉じんが3分の1に低減したため、吸入による健康被害を抑える効果が高くなっている。

山岳トンネル工事は危険が伴う

山を貫通させるなどの山岳トンネル工事は、脆弱な地盤に加え高い圧力がかかる厳しい環境である。

地下水の噴出などにより崩落の危険性も高いことから、掘削後は速やかに補強工事を行う必要があるが、このコンクリートによって効率的に安全が確保できると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大成建設HP
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/191029_4791.html

すべてカテゴリの最新記事