J-GoodTech新規登録はこちら

暗号技術とAI技術を活用した高品質野菜栽培実験を営農支援プラットフォームで開始

暗号技術とAI技術を活用した高品質野菜栽培実験を営農支援プラットフォームで開始

高品質な野菜を安心・安全かつ効率的に栽培

2020年2月12日、国立大学法人静岡大学、日本電信電話株式会社(以下、NTT)、および株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモが提供する営農支援プラットフォーム「畑アシスト」(以下、同プラットフォーム)において、高品質な野菜を安心・安全かつ効率的に栽培できるシステムの実証実験(以下、同実証実験)を行うと発表した。
同プラットフォームは、圃場に設置したセンサから取得したデータを、ドコモのクラウドに収集し、スマートフォン・タブレット・パソコンなどで手軽に確認・管理できるサービスで、ドコモが2019年11月から提供を開始している。
また、静岡大学峰野研究室では、葉のしおれ具合に基づいて灌水を制御するAIを世界で初めて開発し、地元の株式会社Happy Qualityやサンファーム中山株式会社と連携して、高糖度トマトの大量安定生産に成功している。
一方、NTTは、IoT機器のアクセス制御、データ・通信の暗号化などのセキュリティ機能を、狭帯域なネットワーク環境でCPU性能などリソースが限られたIoT機器でも動作可能な認証認可方式を実現した。この技術は、農業を含むさまざまな分野において、センサー等の末端の機器から、Webカメラのような高性能なIoT機器まで利用できる。
このようななか、同プラットフォームに、NTTが開発したIoT向け軽量認証認可方式と、静岡大学が開発したクラウド型AI灌水を搭載することにより、静岡県の圃場で2020年2月下旬から同実証実験を開始することとなった。

実証実験の概要

同実証実験では、農業用ハウスの内部に温度センサーや湿度センサーなどのIoT機器を設置し、センサーから得た情報を暗号化してクラウド上のAIに送信する。
また、AIは、センサーの情報をもとに、水やりの要否を判断し、水やりが必要と判断された場合、灌水装置が水やりを行う。
この際、クラウドと灌水装置の間で互いに認証を行うことで、灌水装置の不正操作を防ぐ。さらに、セキュリティを強化し、センサーデータを暗号化することで、栽培ノウハウの盗用を防ぎ、安心・安全に生産性を高めていくとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

日本電信電話株式会社 ニュースリリース
https://www.ntt.co.jp/news2020/2002/200212b.html

すべてカテゴリの最新記事