ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEDOが電池シェアリングシステムの実証実験を海外で実施

電動モビリティーバッテリーが対象となる

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の下、本田技研工業(株)とパナソニック(株)、パシフィックコンサルタンツ(株)、PT.HPP Energy Indonesiaは、電動モビリティー用バッテリーのシェアリングシステム実証研究を開始した。

今回は電動二輪を対象とし、東南アジアで1位の二輪市場であるインドネシアで実証研究を行う事にした。

なお、2019年8月28日、インドネシア工業省で運転開始式が行われ、政府関係者や担当企業関係者が出席した。

インドネシアの石油使用量を減らすのが目的

インドネシア政府は、石油の使用割合を現在の約50%から22%に減らすことを目標としている。

二輪車もガソリンを必要とする内燃機関型から、電気でモーターを動かす電動型への転換が進められており、研究が行われている。

今回の実証研究では、電動二輪から着脱可能なカートリッジ型バッテリーを、他のバイクに載せ替える、つまりシェアすることでの効果を試すものである。

なお、システムでのバッテリーの稼働状態の集中管理も行われ、集めたデータで有効性を検証する予定。

充電時間が長いという弱点を補う

電動モビリティーのバッテリーは、通常二輪車に内臓されており着脱することが出来ない。一見当たり前のようにも見えるが、バッテリー容量が低下している状態では充電が必要。

この充電という行為自体が忙しい時には非常に煩わしく感じる。加えて、充電時間が数時間と長いため余計にイライラしてしまう。

着脱可能なバッテリーにすることで、容量が少ない場合は他の二輪車から融通することが可能で、出かけている間に充電ができるため時間的効率が良い。

充電されたバッテリーを他の二輪車から融通することで、バッテリーの弱点である長い充電時間をカバーしようというものである。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDO HP
https://www.nedo.go.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ