ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

テラドローン、AI技術を活用した送配電設備点検用ソリューションを開発し提供開始

メンテナンス作業の効率化や安全性の向上を図るとともに、被災地域の復興にも貢献

2019年10月9日、テラドローン株式会社は、AI技術を活用した送配電設備点検用ソリューション(以下、同ソリューション)を開発し、提供を開始したと発表した。
送配電会社は、定期的なメンテナンスを行い送配電設備全体の状況を把握するために、従来は、ヘリコプターを飛行させる、あるいは多くの点検作業員を現場に派遣して実施していたが、安全性やコスト面などで様々な課題があった。
このようななか、同ソリューションを活用することで、メンテナンス作業の効率化や安全性の向上を図るとともに、災害により被害を受けた送配電設備の迅速な復旧にも貢献できる。

AI技術を活用した送配電設備点検用ソリューションの概要

同ソリューションでは、約1500の画像処理を通じたディープラーニングにより、電力設備における異常箇所の検出精度約92.5%以上を誇るAIアルゴリズムを用いている。
このため、ドローン飛行により取得したデータから、鉄塔部品のゆるみやサビ・ピンの欠損や、鳥の巣までも自動で特定できる。さらに、修繕が必要な箇所については自動でレポート生成するとともに、データの保存先として、クラウドまたはオンプレミスの2種類のストレージを選択できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

テラドローン プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000151.000020194.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ