ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷など3社、AIを活用して雑誌の誌面レイアウトを自動生成する技術を開発

2019.07.17

より創造的な制作を支援

2019年7月10日、大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、株式会社エー・アンド・ユーおよび株式会社新建築社と共同で、雑誌の原稿となる画像とテキストを入力すると、その内容や雑誌の持つブランドイメージにあった誌面レイアウトを、AI(人工知能)を活用して自動生成する技術(以下、同技術)を開発したと発表した。

雑誌の編集者は、記事内容・文字数・画像サイズ等に応じて、毎号のレイアウトを、その都度新たに制作している。

この際、雑誌のデザインポリシーやブランドイメージに合致し、雑誌固有の特長を出すようなレイアウトにすることが重要であるうえに、複数の編集者間で、レイアウトの制作ノウハウや暗黙知を共有・継承する必要がある。

このようななか、“雑誌らしさ”に沿ったレイアウトを自動で複数生成・提示し、編集者のより創造的な制作を支援する同技術を開発した。

レイアウトを自動生成する技術の特長

同技術では、雑誌「a+u」の過去15年分の誌面データをAIに学習させて開発したモデル(以下、同モデル)を活用し、テキストと画像のデータを入力することで、雑誌の特長に合ったレイアウトを自動生成・提示する。

また、同技術は、非定型で自由度の高い雑誌レイアウトにも対応でき、AIが、雑誌のデザインイメージを数値化して着目した部分を色で表示するため、制作者間でのコミュニケーションが促される。

このため、編集者・カメラマン・ライター等は。提示されたレイアウトを参考にして活発に議論することで、誌面の質の向上が期待されるとしている。さらに、レイアウトを一から制作する必要がないため、編集業務効率の改善が図られる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192593_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ