J-GoodTech新規登録はこちら

東京工業大学 サブナノ粒子の新計測法開発に成功

東京工業大学 サブナノ粒子の新計測法開発に成功

サブナノ粒子の新計測法を開発

2019年12月16日、東京工業大学は、サブナノ粒子の新計測法開発を成功させたことを発表した。同新技術により、現在まで計測不可能だったサブナノ粒子の、振動分光の直接計測が可能となった。
同大学では、サブナノ領域の構造および活性の解明に貢献する技術だとしている。

サブナノ領域における新規素材の物性・活性評価法の指針となることが期待される(プレスリリースより)

同研究成果は、米国科学振興協会(AAAS)「Science Advances」のオンライン版に掲載されている。論文のタイトルは「Ultrahigh sensitive Raman spectroscopy for subnanoscience: Direct observation of tin oxide clusters(サブナノサイエンスのための超高感度ラマン分光法:酸化スズクラスターの直接観察)」だ。

“超高感度ラマン分光法”の開発成功

今回発表された“超高感度ラマン分光法”の開発を成功させたのは、東京工業大学の研究グループだ。
科学技術創成研究院の葛目陽義特任准教授、山元公寿教授らが主導し、研究を進めてきた。実施したのは、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)「山元アトムハイブリッドプロジェクト(山元公寿研究総括)」だ。
“超高感度ラマン分光法”では、シリカ被覆金銀コアシェルナノ粒子増強素子による高感度化で、サブナノ粒子の振動分光スペクトル直接計測を現実のものとした。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京工業大学
https://www.titech.ac.jp/news/2019/045206.html

すべてカテゴリの最新記事