ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

帝人・慶大など、布状二次元通信システムを応用したハプティクススーツを開発

革新的な触覚体験を実現

2019年11月15日、帝人株式会社(以下、帝人)と慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下、メディアデザイン研究科)は、南山大学およびEnhance Experience Inc.(以下、Enhance Experience)と共同で、布状の二次元通信システム(以下、同通信システム)と、その技術を応用した布状二次元通信ハプティクススーツを開発したと発表した。
帝人がこれまで展開してきた「二次元通信技術」は、一定のエリアに閉じ込めた電波を面で利用できるものの、固い樹脂素材にしか適応できなかった。そこで、南山大学との共同研究で、柔らかい布状のものに適用できる技術を開発し、衣服として全身で通信や給電を行えるようにした。
また、メディアデザイン研究科は触覚分野における研究を展開しており、2015年には、Enhance Experienceと共同で、全身触覚スーツ「Synesthesia Suit」を開発した。
このようななか、両研究グループの成果を組み合わせて、簡単に装着できる布状二次元通信ハプティクススーツ(以下、同スーツ)を開発した。ハプティクススーツとは、体外からの接触(触覚)を、擬似的に再現して体感できる衣装である。

布状二次元通信ハプティクススーツの概要

同スーツは、導電繊維と絶縁繊維で構成された布により、二次元の「面」で給電や通信を行うとともに、ハプティクスモジュール(振動子)を用いて、頭部に装着したディスプレイから発信される映像や音声に合わせて振動させることで、バーチャルな物体に身体が接触した感覚を体験できる。
また、用途や体型・骨格に合わせてカスタマイズが可能であり、センサーやアクチュエーターを取り付けることも可能であるため、様々な用途に活用できるとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

帝人 ニュースリリース
https://www.teijin.co.jp/news/2019/20191115_0001.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ