J-GoodTech新規登録はこちら

開封検知付アルミ箔を使用した服薬管理システムの共同研究を開始

開封検知付アルミ箔を使用した服薬管理システムの共同研究を開始

医療費の増加に拍車をかけている残薬の増加

2019年11月15日、株式会社UACJ(以下、UACJ)、株式会社UACJ製箔(以下、UACJ製箔)、SAPジャパン株式会社(以下、SAPジャパン)、ドクターズ株式会社(以下、ドクターズ)は、開封検知付アルミ箔を使用した服薬管理システム(以下、同システム)の共同研究を行い、実証試験を開始したと発表した。
訪問医療や在宅医療利用者数が増大するに伴い、医療費が増加する問題が深刻になっているなか、残薬の増加も懸念される状況だ。
そこで、UACJは、処方されている薬の開封状況を管理できる包装材を開発し、4社でシステム開発を行うこととなった。

服薬管理システムの概要

同システムでは、患者が医薬品を開封した際に、回路印刷箔が錠剤の包装材の破断を検知して、スマートフォンなどの通信機器で家族や医師に通知する。
このため、遠方でも服薬状況を管理して、患者の薬の飲みすぎや飲み残しを防ぎ、健康維持を図ることが可能となる。
なお、UACJおよびUACJ製箔は、開封検知付アルミ箔の開発と製造を行い、SAPジャパンは、データ収集・解析を行うシステムとユーザーからのフィードバックを取得するソフトウェアを提供する。
さらに、ドクターズは、エキスパート医師チームとデジタルプラットフォーム活用支援を融合したサービスを提供し、実証試験プロトコールの立案と運営、および医療従事者の意見の集約化とフィードバックを行う。
(画像はUACJリリース・お知らせより)

▼外部リンク

UACJ リリース・お知らせ
https://www.uacj.co.jp/release/20191115.htm

すべてカテゴリの最新記事