ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

物流の支援ロボット 最前線イベント「CarriRo EXPO」開催

CarriRoとは

総合ロボット会社の株式会社ZMP(東京)は、物流の最前線を体感するイベント「CarriRo EXPO」を開催することを2019年6月18日(火)に自社のホームページで発表した。

CarriRo(キャリロ)とは、物流を支援するために生まれたロボットで、モノの移動を支援するためのロボットを指す。

物流や製造現場での負担軽減や効率化を可能にし、従来の時間・コストの削減を可能にする。

CarriRoは昨今の人手不足を背景に、高まる倉庫や工場内での自動搬送のニーズに応える製品だ。

ZMPでは、このたび「物流の最前線を体感する」をテーマに、CarriRoの機能、性能、そして拡張性について体感できるイベントを開催する。

デモ展示ゾーンでは、実際の倉庫内をイメージし、ピッキングエリアから、納品・出荷エリアと、それぞれの搬送シーンで最適なソリューションを展示する。

CarriRoの技術

CarriRoのコンセプトは、作業者の搬送サポート、完全無人搬送に及ぶ現場の搬送シーンに応じて適切なソリューションを組み合わせることで、柔軟かつリーズナブルに対応する。

CarriRoで特に注目すべき技術は、自立移動モード(特許出願中)となる。

この技術は、倉庫内の路面に張られたランドマーク(目印)を識別しながら、自動で移動し荷物を搬送することができる技術となる。

また、在庫管理システムと連携することで、業務の効率化や見える化を推進する、IoT(Internet of Things : モノのインターネット)パッケージを現在開発している。

この在庫管理システムは、他企業との協業で進めている。SAP、凸版印刷との協業だ。

CarriRoが入手可能な情報とRFID(電子タグ)から読み取った在庫情報をシステムと連携させることにより、さらなる業務効率化、現場の見える化を推進する。

ZMPでは、

「ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」

をミッションにCarriRoをこれからも進化させていく。
(画像はZMP ホームページ ニュースより)

▼外部リンク

ZMP 「物流の最前線を体感する」、CarriRo EXPO開催概要決定
https://www.zmp.co.jp/news/pressrelease_20190618

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ