J-GoodTech新規登録はこちら

電波が届かないエリアでも携帯電話通信を可能にする「移動通信中継局」を開発

電波が届かないエリアでも携帯電話通信を可能にする「移動通信中継局」を開発

複数のドローンにより、平常時と同じように携帯電話での通信が可能

2020年1月9日、ブルーイノベーション株式会社(以下、ブルーイノベーション)と京セラ株式会社(以下、京セラ)は、ドローンを利用した「移動通信中継局」(以下、同中継局)を共同開発することに合意したと発表した。

今年は、異常気象による記録的な豪雨などで大規模水害や土砂崩れが多発し、災害現場では携帯電話の電波が届かないエリアもあった。

このような状況に対処するため、通信中継局機能を持つ複数のドローンを飛行させることで、平常時と同じように携帯電話の通信を可能とする同中継局を開発することとなった。

ドローンを利用した「移動通信中継局」

同中継局を開発するにあたって、京セラは、ドローン中継局に搭載するLTE網と、5G網の構築ができるセルラー通信ユニットの開発を行う。

また、ブルーイノベーションは、複数のドローン・ロボットを遠隔で制御し統合管理するBlue Earth Platform等のシステム・プラットフォーム技術を提供し、移動通信中継局システム中のバックエンドシステム(サーバー対応)とフロントエンドシステム(画面インターフェース)を構築する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブルーイノベーション株式会社 ニュースリリース
https://www.blue-i.co.jp/news/2649/

すべてカテゴリの最新記事