ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

理化学研究所が、哺乳類の受精機構を解明

アクロシンが受精には必須

2020年1月21日、理化学研究所の国際共同研究チームは、精子の先端に含まれるアクロシンが受精時に必須であることを解明した。
アクロシンは、精子の先端に含まれるタンパク質分解酵素であるが、これが卵子の壁である、卵子透明帯を貫通通過する際に必要であり、このタンパク質が存在しない場合は、受精が出来ないことを意味する。

タンパク質酵素によるメカニズムは不明であった

卵子を構成する透明帯とよばれる膜が存在するが、ゴムのように柔軟で丈夫であるため、精子の推進力などの物理的要素と、精子の頭部である先体に含まれるタンパク質が化学的な要素として考えられていたが、化学的要素についてはメカニズムが不明であった。
今回は、アクロシンの役割を確認するために、アクロシンあり、無しの2種類のハムスターを用いて交配させたところ、前者は受精成功となったが、後者は不妊状態となり受精しなかったことが分かった。
これにより、精子に存在するタンパク質であるアクロシンは、受精に必須である。

アクロシン異常は男性不妊の要因の一つ

ハムスターをはじめとする哺乳類の精子には、卵子壁を貫通するためのタンパク質酵素アクロシンが存在しているが、これが無いと受精できないことになる。
人間でも同じことがいえ、男性不妊の一原因と考えられている。
今後は、アクロシンが存在せずとも受精が可能となる、不妊治療方法の確立に寄与するものと期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

理化学研究所
https://www.riken.jp/press/2020/20200121_2/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ