J-GoodTech新規登録はこちら

テルモと菊名記念病院が共同で心臓カテーテル治療研究を開始

テルモと菊名記念病院が共同で心臓カテーテル治療研究を開始

菊名記念病院と共同で実施

2019年10月31日テルモ株式会社は、医療法人五星会菊名記念病院と共同で、AIを利用した心臓カテーテル治療に関する共同研究の開始を発表した。
この研究は、心臓カテーテル治療の質向上と作業効率化を目的としており、新たなAI技術の開発を行い2023年程度に実現する予定である。

医師が行ってきたことをAIが担う

心臓カテーテル治療は、高度な医療技術の習得が必要な治療方法であるが、血管内の施術に際して血管径やコレステロールの塊であるプラークの大きさに適した器具の選定が必要になる。
ステントと呼ばれる血管を拡大する治療器具は、大きさが最適でないと血管を損傷したり、流されたりすることがあるためサイズ選定が重要であるが、この判断は医師の経験にゆだねられることが多い。
今回は、この血管径の測定から最適なステントサイズの判定までをAIがサポートするようになる。

血管内でプラークが発生する危険性

心臓カテーテルでは、心臓を包むように走っている冠動脈に対して治療が行われるが、年齢などによる劣化で血管が硬くなりプラークが溜まりやすくなる。
プラークは、コレステロールが血管の壁に付着するものであるが、血管を塞ぎ血液が流れなくなる状況になることがある。
心臓で起きれば心筋梗塞、脳で起きれば脳梗塞となりどちらも重篤な症状になることはよく知られている。
なお、若くても生活習慣により劣化が進むケースがあるので、プラークが出来ないとは限らない。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

テルモと菊名記念病院心臓カテーテル共同研究
https://www.terumo.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事