ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

鹿島、環境DNA技術を用いたホタルの調査手法を開発

幼虫ホタルの生息状況を正確に把握することが重要

2019年7月25日、鹿島建設株式会社(以下、鹿島)は、環境DNAを活用して、水中に生息し小型で発見しづらいホタルの幼虫の生息状況を調査する手法(以下、同手法)を開発したと発表した。

ホタルは古くから人々に親しまれ、里山を代表する生物種の一つであることから、グリーンインフラの取り組みとして、同社は、2015年に竣工した熊本県公共関与産業廃棄物管理型最終処分場「エコアくまもと」内にホタルビオトープを構築した。

さらに、ビオトープを維持管理するために、ホタルなどの動植物の生息状況を継続的に調査しているが、ホタルは一生の大部分を幼虫として過ごすため、幼虫の生息状況を正確に把握することが重要である。

しかしながら、ホタルの幼虫は水中の石の隙間や草の根元等に生息しており、目視で確認することが非常に困難であった。

生息状況を調査する手法の特長

環境DNAとは、生物が水中や土中等の生息する環境に放出した糞や粘液由来のDNAであり、これを分析することで、対象とする生物の存否や生物量を推定できる。

しかしながら、ホタルなどの昆虫類は、放出されるDNAが微量であるため、検出が困難であったが、同社は、調査地で採取した水(水試料)の中からホタルのDNAを検出し、生息状況を調査できる同手法を開発した。

同手法では、採取した水試料中に含まれるさまざまな動植物由来のDNAの中からホタルの幼虫のDNAのみを検出するため、専用のPCRプライマー(以下、同プライマー)を独自に開発した。なお、PCRプライマーとは、目的のDNAを判別するために目印となる合成DNAだ。

ホタルの生息地で、1リットル程度の水試料を採取し、同手法を適用して検証した結果、ゲンジボタルのDNAを検出でき、ゲンジボタルの飛翔も確認できたとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201907/25e1-j.htm

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ