ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

プラズマ照射でスイーツコーンに付加価値 福岡工業大学

古賀市と連携 検証実験スタート

2019年7月1日、学校法人福岡工業大学は、福岡工業大学工学部電気工学科北﨑研究室が、プラズマ照射を用いて農作物の付加価値を高める検証実験をスイーツコーンで行うことを発表した。

古賀市と連携し、同市の特産品であるスイーツコーンの種に酸素ガスをプラズマ化して照射し、有限会社安武園芸で育成して商品化を目指す。

プラズマとは、個体・液体・気体という物質の三態に次ぐ第四の状態のことで、氷(個体)から水(液体)、水蒸気(気体)と温度が上がるにつれて変化する物質を、さらに高温にしたときに現れる電離した状態を指す。

プラズマで高付加価値農産物を

これまでの北﨑研究室の研究で、野菜の種にプラズマを照射すると、植物細胞の成長が活性化することによる早期の発芽および成長速度の向上が実証されている。成長速度アップと早期の市場出荷が叶えば、スイーツコーン品薄の時期に販売することができ、付加価値の高い高級野菜として取り引きすることが可能となる。

さらに、遺伝子組み換えや農薬を使うことなく、無害なプラズマで農作物の味や長期保存などの品質向上を目指す。

同技術が実用化されれば、無農薬作物の輸出量を増加させることにつながり、

日本の農業の発展に貢献できるとともに、高付加価値農産物として日本の優位性を維持できる。(福岡工業大学ニュースリリースより)

と意欲をのぞかせる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

学校法人福岡工業大学ニュースリリース
https://www.fit.ac.jp/newsrelease/archives/148

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ