ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

小田急電鉄、AIを用いた踏切異常状態検知に関する実証実験を開始

先進技術を活用し踏切内の安全性を向上

2020年2月6日、小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)は、踏切内の安全性向上を目的とした実証実験(以下、同実証実験)を、小田急小田原線の玉川学園前8号踏切(東京都町田市原町田)において、2020年2月14日から3月までの期間に実施すると発表した。
小田急電鉄は、中期経営計画に「先進的な技術による高度化」を掲げており、同実証実験の結果を踏まえ、将来的には、付近を走行する列車を自動で停止させるなど、踏切での事故を未然防止できる監視体制の構築を目指すとしている。

踏切内における様々な動作を収集し、AIで分析

同実証実験では、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社が販売している「カメラ映像とAIによる異常状態検知システム(スペースタイムシーンアナリティクス)」(以下、同異常状態検知システム)を活用している。
同異常状態検知システムは、踏切内における様々な動作を収集した監視映像を、クラウドAIに送信して分析する。この結果、踏切において支障を検知したら、アラームで異常を伝達する。
なお、カメラで取得した画像データは、小田急電鉄で厳重に管理し、目的外で使用しないとしている。
また、同異常状態検知システムを鉄道の踏切に活用するのは、世界初の事例とのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

小田急電鉄株式会社 ニュースリリース
https://www.odakyu.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ