ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

小売店の防犯カメラ映像から来店客の行動や商品を検索・分析するサービスを開発

実店舗運営をオンライン店舗並みに効率化

2019年10月17日、アースアイズ株式会社は、小売店舗の防犯カメラ録画映像から来店客や店員の行動・属性・商品などを人工知能(AI)技術で高速に検索・分析するサービスを開発し、「AI Search(AIサーチ)」(以下、同サービス)の名称で、2019年11月より提供を開始すると発表した。
小売業界においては、少子高齢化により、市場規模が伸びない一方で、人手不足が深刻化しており、効率的な店舗運営が求められている。このため、オンライン店舗では顧客・購入履歴などの情報分析を行うことで効率化を図っている。
しかしながら、実店舗においては、運営管理者が録画映像を早送りしながら状態分析を目視で行っているものの、多大な時間を要するうえに、来店客数や、来店客数に占める特定売り場への立ち寄り人数や立ち寄り時間などの運営指標を定量的に把握することも困難であった。
このようななか、同社は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「五感AIカメラの開発」プロジェクトを活用し、同サービスを開発した。

「AI Search」の概要

同サービスでは、録画データをサーバに送り、サーバ上でAIが検索・分析するため、店舗管理者は、サービス画面上で、特定商品のエリアを指定し、商品棚を一定時間見た来店客の属性・人数・滞在時間などの項目を選ぶだけで、それらが数値化されたデータやヒートマップとして表示される。
また、既設の防犯カメラ映像を使えるため、センサーなど特別な機器の設置は不要で、録画映像のうち分析対象が写っていない時間帯だけを自動的に早送りして見ることもできる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

NEDO ニュースリリース
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101214.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ