ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

道の駅「ひたちおおた」を拠点にした自動運転サービスの実証実験を実施

自動運転による移動サービスで、地域産業の高度化や豊かな交通社会を実現

2019年6月20日、株式会社みちのりホールディングスと茨城交通株式会社(以下、茨城交通)は、茨城県常陸太田市における自動運転サービス実証実験(以下、同実証実験)に参加すると発表した、。

同実証実験は、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム自動運転(システムとサービスの拡張)」の1つとして行われており、道の駅「ひたちおおた」を拠点とした自動運転サービス実証実験地域協議会(実験事務局、日本工営株式会社)と協力して実施する。

自動運転による移動サービスにより地域産業の高度化や豊かな交通社会を実現することを目指し、同実証実験を通して、様々な課題に取り組み解決していくとしている。

自動運転サービス実証実験の概要

同実証実験では、2019年6月23日~7月21日の期間、8:00~17:00の時間に、同市高倉地域における走行距離約1.8kmの区間を、ヤマハ発動機株式会社が提供する自動運転車両が毎日運行される。

自動運転に際しては、車両に設置したカメラで車両の前方・車内やバッテリー残量を撮影し、KDDI総合研究所の通信技術を活用して茨城交通の運行監視センターに配信することで、総合的に運行を管理する。

また、パイオニア株式会社が取り組んできた「3D-LiDAR センサー」を設置し、走行ルート上において、乗車を希望する人を検知して車両へ通知するとともに、樹木などの落下物やその他障害物を検知して管制センターへ伝える技術を検証する。

一方、自動運転車両は乗車人数に限りがあるため、利用する際には事前予約が必要となる。このため、操作しやすく視覚的にわかりやすいインターフェースの車両予約システムを実装している。

さらに、ジョルダン株式会社が提供するアプリでは、日本電気株式会社の顔認証クラウドサービスと連携して乗降時の登録者本人を認証する。同社は、現地スタッフが車両を簡易・確実に点検できる点検システムも提供している。
(画像はみちのりホールディングス お知らせより)

▼外部リンク

みちのりホールディングス お知らせ
http://www.michinori.co.jp/pdf/20190620_PR_ibako.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ