ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日立製作所が、800Vインバーターを量産開始

従来比2倍の電圧を実現

2019年10月18日、日立オートモティブシステムズ株式会社がEV向け800Vインバーターの量産開始を発表した。
従来のインバーターと比較し、電圧は2倍、出力密度2.7倍の高電圧、高出力を実現している。
これは、日立が独自に開発した実装技術を用いたことにより、高い冷却性能を確保することが可能となったためである。

現在インバーターは400Vが主流

現在EVに使用されているインバーターは400Vが主流となっているが、航続距離を延ばすため電池の並列接続数が多くなる傾向にある。
つまり、同じ電圧で充電すると充電時間がどんどん伸びることになり、時間の無い時には非常にストレスとなってしまう。
これを解消するためには、電圧を高くすることが必要であるが、今回は電圧を2倍の800Vにしたことで充電時間が長くなる問題を解決できる。

発熱増にも対応済

高電圧対応にしたことで充電時間の短縮、高出力化が実現するが、通電電流が増えることになり、逆に発熱は増加する。
前述の放熱実装技術に加え、パワーモジュールを水冷化することで冷却効率を高め、発熱増加による出力低下を防いでいる。
さらにEVの航続距離が延び、ロングドライブが楽しめるようになると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日立オートモティブシステムズ株式会社HP
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/10/1018.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ