ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ロープ式エレベーターリニューアル商品にオーダー型エレベーター向けメニューを追加

設置後20年以上経過したエレベーターのリニューアル需要が増加

2019年6月27日、株式会社日立製作所(以下、日立)と株式会社日立ビルシステム(以下、日立ビルシステム)は、日立製ロープ式エレベーターのリニューアル商品「G_Select(ジーセレクト)」(以下、同商品)のラインアップとして、オーダー型エレベーター(以下、同エレベーター)向けメニュー(以下、同メニュー)を追加し、本格的に提供を開始したと発表した。

高度成長期に建設されたインフラの老朽化が進むに伴い、設置後20年以上が経過したエレベーターのリニューアル需要が高まっている。

このようななか、両社は、エレベーターの安全性を高めメンテナンスをサポートするため、2012年12月にはロープ式標準型エレベーターを対象とした「G_Select」、2018年9月には油圧式標準型エレベーターを対象とした「Y_Select」などを販売し、リニューアルメニューを拡充してきた。

なお、G_Selectは、基本メニューとセレクトメニューから構成され、基本メニューでは、最新のインバーター式の制御盤と二重ブレーキを搭載した巻上機へ入れ替えることで、戸開走行保護装置が標準装備されて安全性が向上するとともに、機械室の騒音や乗りかごの騒音も低減する。

また、セレクトメニューでは、初期微動感知地震時管制運転、停電時の自動着床装置、乗降時の安全に配慮したドアセンサーの設置など、顧客の予算や希望工事期間に応じて、選択可能なメニューを多数揃えている。

一方、ロープ式オーダー型エレベーターは、事務所や工場などの建物の環境に対応して、設置条件や構造が大きく異なる。
このため、個別の仕様を検討して、全てを撤去して最新のエレベーターを据え付ける「全撤去リニューアル」や、エレベーターをそのままにして制御盤や巻上機などの主要機器を入れ替える「制御リニューアル」などを実施してきた。

しかしながら、重量や寸法の制約のために、新しい巻上機を機械室に納められず、「制御リニューアル」を断念するケースがあった。

「G_Select新メニュー」の概要

従来は、重量や寸法の制約によって「制御リニューアル」を断念していたケースに対処するため、軽量かつ小型のギヤレス巻上機を新たに開発した。

また、ロープ式オーダー型エレベーターの範囲を拡大するとともに、制御リニューアルのメニューを体系化し、新メニューとして追加した。
(画像は日立製作所公式ホームページより)

▼外部リンク

日立製作所 ニュースリリース
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/06/0627.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ