J-GoodTech新規登録はこちら

高容量リチウムイオン電池の、新材料開発に成功

高容量リチウムイオン電池の、新材料開発に成功

硫化鉄リチウムの有効性を示した

2020年1月6日京都大学は、蓄電池の正極材料として候補に挙がっている、硫化鉄リチウム(LixFeS5)についての有効性を確認したと発表した。
その結果、現在のリチウムイオン電池を凌ぐ、容量を持った電池が開発できる可能性を見出した。

イオン摂動という概念

現在のリチウムイオン電池では、正極と負極を向かい合わせて電気エネルギーを貯めたり、放出したりしている。
この内、正極を構成する正極材について、既存の電池を凌ぐといわれる硫化物材料が注目を浴びている。
今回は、その内硫化鉄リチウムに着目し、「イオン摂動」つまりイオン運動における電気的な脱離(充電)と挿入(放電)に誘起される秩序の乱れを用いて有効性を検証した。
その結果、挿入と脱離を独立制御することで、電気的、磁気的特性が全く異なる2つの相を可逆的にスイッチングできることを証明した。

リチウムイオン電池の容量アップにつながる

現在、リチウムイオン電池のエネルギー密度は、頭打ちに近い状態といわれている。
つまり詰め込める限界まで来ているということになる。
さらに現状より高容量化を図ろうとするには、構成する材料や、イオンの挿入、離脱の概念を変えなければいけない状況になっている。
今回は新しい材料を開発することで容量アップを図るものであるが、近い将来同じ容積で現在の数倍の容量を持った電池が開発されるかもしれない。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/

すべてカテゴリの最新記事