ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

富士通が、マイクロサービスの変更影響を最小限にする技術を開発

マイクロサービスの変更は容易ではない

2019年9月27日、株式会社富士通研究所は、複数のマイクロサービスで構成されるシステムにおいて、個別にパラメータの設定を自動で行える技術を開発したと発表した。

これにより、ECサイトや旅行サイトで多く活用されている、マイクロサービスの品質を維持しつつ、システムの検証が容易になる。

マイクロサービスの一部変更影響は、システム全体に及ぶ

マイクロサービスとは、個別に開発や運用することが可能なサービスを相互接続することで、システムとして構成されるソフトウェアである。

個別にサービス内容変更を行える利点がある反面、システム全体に変更を広げるには品質検証の時間を多く取る必要があり、頻繁に変更することは不可能であった。

また、機能追加により通信頻度が増え、サービスの遅延などの影響が起こる事が多かった。

シミュレーションとパラメータの最適化がカギ

今回の開発は、2つの技術から成り立っている。

1つ目は、品質シミュレーションに掛かる時間について、システム全体の動作、通信量に対する所要時間などをシミュレーションする技術である。

これによりサービスを定量化することが可能となり、システムへの影響を最小限にしている。

2つ目は、設定パラメータの組み合わせを自動で最適化する技術である。

これにより、仮にシステムに遅延が生じた場合でも、優先度が低いサービスの切り離し実行といったことが、自動で決定、調節が可能。

結果、システム利用者に遅延などのストレスを与えずに、マイクロサービスの改善が行える。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通HP
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/09/27.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ