ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

タッチパネルデバイスと動物型AIロボットが連携

2019.06.21

省スペースで展開できるスマートストア向けサービス

2019年6月17日、株式会社ジーエルシーは、同社が提供するタッチパネルデバイス「スマートミラー2045」(以下、同ミラー)と、株式会社ハタプロが提供する小動物型AIロボット「ZUKKU(ズック)」(以下、同ロボット)の連携を開始したと発表した。

同ロボットは、身長10cmと手のひらサイズで愛らしいフクロウ型AIロボットだ。センサーで人を検知して自然な言葉で話しかけ、画像認識により性別・年齢・表情・視線などを分析して、相手の助けとなる提案などを返してくれる。

また、SIMカードを内蔵しており、特殊な設定を行うことなくスイッチを入れるだけで稼働するので、どこにでも簡単に設置できる。

一方、同ミラーは、マルチタッチに対応したタッチパネル式ミラーで、店舗やオフィスなどにおいて等身大の姿などを映し出すことができる。

また、AndroidOSを標準搭載しているため、クラウドを活用した様々なアプリをインストールでき、鏡やディスプレイの代わりとして活用できる。

両者が連携することで、省スペースで展開できるスマートストア向けサービスを展開することが期待される。

連携のポイント

同ロボットが分析した顧客の情報にもとづいて、アパレルショップなどでは同ミラーに商品を身につけた姿を映し、美容室では頭皮診断・肌診断・髪型の提案を行うなど、様々な場所で活用できる場が拡大した。

また、手のひらサイズの同ロボットと、等身大サイズながらコンパクトな設計の同ミラーを組み合わせたことで、省スペースな設置が可能で、スマートストアなど無人店舗での活用も見込まれる。

さらに、収集したデータを活用して、商品の品揃えや店舗のレイアウトなどの新たな戦略を展開することに貢献できるとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ジーエルシー プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000030247.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ