ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

簡単に見たままの3Dデータ作成 「カタチスペース」リリース

見たままの3Dデータをより簡単に

2019年7月29日、株式会社カシカはウェブクラウドサービス「カタチスペース」のリリースを発表した。

「カタチスペース」は、アプリの開発や3Dモデル製作は不要で、自社製品やコンテンツをウェブで拡散・共有ができるサービスだ。

需要が高まりつつある3DやVRだが、活用方法やユースケースはまだ限られており、導入にもアプリ構築や3Dモデル制作の手間やコストがかかり決して簡単ではなかった。

例えば美術品や大きな機材、ECサイトでの買い物など、それらがどのような色や形状、素材でできているのかを確認する場面において、通常の写真や動画などでの確認の場合、撮影された角度からしか見ることができないというネックが存在する。

物体の角度、素材感や細かいディティールなど、実際に手に取らないと埋められない情報に対し、現地に出向かなくても、実際の物体の形状を撮影して目の前に物体を出すことで解消できる手法として「カタチスペース」は開発されたのだという。

AR表示で幅広いシーンに活用可能

カタチスペースは物体を3Dスキャニングし、3Dデータを作成してウェブ上に表示をさせる。3Dデータは、本物とほぼ変わらないクオリティで、色や大きさ、素材の感触なども再現できており写真や動画では得られない細やかな情報を得ることができるという。

作成された3Dデータは、クオリティとは相反して低容量のため、待機時間もほぼなくスムーズに表示ができる。また、URLを埋め込むことで自社サイト内で3Dデータを表示させたり、2次元コードに変換することで他の人へ簡単に情報を伝えたりすることもできる。

また、カタチスペースはAR表示にも切り替え可能なため、これまでは専用モバイルアプリでしか利用できなかったAR表示も手軽に利用・拡散が可能だ。

例えば、美術品や機械などをスキャン撮影し、サンプルとしてお客様にお見せし、ARモードで部屋に置くことができるかを確認してもらうような活用方法も考えられる。

さらに、これらのサービスは表示までのプロセスをワンストップで提供しているため、ユーザーは撮影する物体を用意するだけで3Dデータを作ることができる。

同社では、カタチスペースを通じて3Dをより身近に感じてもらえるようなサービス提供をするべく、今後も研究開発を進めていくという。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社カシカ プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000038206.html
カタチスペース サービスページ
https://katachispace.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ