ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

TOFカメラを活用したリアルタイム鉄筋出来形自動検測システムを開発

鉄筋出来形検測の一連作業を省力化

2019年12月23日、三井住友建設株式会社と株式会社日立ソリューションズは、TOFカメラを活用した鉄筋出来形自動検測システム(以下、同システム)を共同開発したと発表した。
鉄筋出来形計測作業(以下、同作業)では、2名1組の作業員が、スケールやノギスを用いて鉄筋径と配筋間隔を計測するとともに、証拠として、各寸法を撮影し、鉄筋出来形計測調書を作成しているが、鉄筋を区別するマーキングや配筋間隔を示す標尺の設置等を事前準備するために、多くの時間と労力が掛かっていた。
このような課題に対処するために、同システムを開発することとなった。

鉄筋出来形自動検測システムの概要

同システムでは、デジタルカメラと同様に色彩を判別できるRGBカメラと、対象物に光を照射して反射光が戻ってくるまでの時間から距離を計測できるTOFカメラを活用している。このため、RGBカメラだけでは判別できなかった多段配置の鉄筋でも、対象となる鉄筋を的確に抽出して計測することが可能となった。
また、計測結果をデータとして記録し、検査写真と帳票を自動作成するため、誰でも容易に検測できるようになり、生産性向と人手不足解消に貢献するとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

三井住友建設株式会社 ニュースリリース
https://www.smcon.co.jp/topics/2019/12231100/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS