J-GoodTech新規登録はこちら

国際興業とヤマト運輸、飯能市の路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始

国際興業とヤマト運輸、飯能市の路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始

路線バスの車内スペースを活用して宅急便を輸送

2020年2月25日、国際興業株式会社(以下、国際興業)とヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、埼玉県飯能市内を運行する路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」(以下、同サービス)を開始すると発表した。
同市内を運行する国際興業の路線バスは、人口減などにより乗車人数が減っており、将来の路線を維持することが厳しい状況だ。
一方、ヤマト運輸は、同市の飯能支店から、約30km離れた名栗地区と、約10km離れた中藤・原市場地区の顧客に午後到着分の宅急便を配達する際、名栗地区では1台、中藤・原市場地区では2台のトラックが、支店へ宅急便を取りに戻る必要があった。
このようななか、同サービスを活用することで、国際興業には新たな収入源が生まれ、ヤマト運輸はセールスドライバー(以下、SD)の運転時間を削減するとともに、CO2排出量の削減にも貢献できる。
さらに、両社は、高齢化や過疎化が進む地域等において、課題解決や地域活性化に取り組んでいくとしている。

客貨混載の取り組み内容

ヤマト運輸は、名栗地区と中藤・原市場地区の顧客に配達する宅急便を国際興業 飯能営業所に持ち込み、路線バスに積み込む。
一方、路線バスは、乗客と荷物を乗せて飯能駅から運行を開始し、「尾長入口」と「上赤沢」のバス停で、ヤマト運輸の地区担当SDに宅急便を引き渡す。また、SDは引き渡された宅急便を顧客に配達する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国際興業株式会社 プレスリリース
https://www.kokusaikogyo.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事