ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

竹中工務店、ハト・カラスを対象とするエア吹出し式の防鳥設備を開発

ハトによる糞害やカラスによる建材の破壊行為が問題

2019年9月9日、株式会社竹中工務店は、ハト・カラスを対象とするエア吹出し式の防鳥設備「TORINIX(トリニックス)」(以下、同設備)を開発したと発表した。
建物においては、ハトによる糞害やカラスによる建材の破壊行為が問題となっており、これまでも各種防鳥設備が提案されてきた。
しかしながら、「屋上外周部に取り付ける棘付きのワイヤーで建物外観の意匠性を損なう」、「薬剤や鋭利な器具等によって鳥を傷つける」などの課題があった。

防鳥設備「TORINIX」の概要

同設備は、ハトやカラスが好んで止まる屋上外周部のような休息場所において、鳥が近づくとセンサーで検知し、一定間隔で設けられた微細な穴からエアや音を発生させて止まるのを防ぐことで、建物へ飛来し定着することを防止できる。
なお、エアの吹出し管は屋上外周部に密着して取り付けるため、建物の意匠性を損なうことなく、避雷導体として利用できる断面積が確保された配管を利用しているため、避雷導体の機能もある。
また、粘着性の高い薬剤や鋭利な器具などを使用しないため、生物を傷つけることもない。
実証モニタリングを行った結果、設置後2年目も、ハト・カラスの平均飛来頻度が前年より約75%減少したことから、設備への慣れによって効果が低減することもないことが確認されたとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

竹中工務店 ニュースリリース
https://www.takenaka.co.jp/news/2019/09/01/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ