ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

MIT 3D雨雲ウォッチに落雷情報通知の新機能追加

『3D雨雲ウォッチ』に落雷通知機能を搭載

2019年8月15日、株式会社エムティーアイは、同社が運営しているアプリ『3D雨雲ウォッチ』に落雷情報を通知する新機能を追加したことを発表した。

『3D雨雲ウォッチ』はゲリラ豪雨を検知するアプリで、特に夏期の豪雨による被害を軽減させることを目的としたものだ。月額料金は無料で、iPhoneとAndroidの両方に対応している。

8月に最も多い落雷被害

日本におけるゲリラ豪雨は夏場に発生しやすく、落雷もまた夏場に多い。気象庁ホームページ「落雷害の月別件数」によると落雷被害は8月が群を抜いて多いことがわかる。以上のことから、『3D雨雲ウォッチ』に落雷情報通知機能を搭載する運びとなった。

『3D雨雲ウォッチ』では、豪雨と落雷の危険性をスマホのプッシュ通知でリアルタイムに届けることが可能だ。豪雨の場合は、およそ15分から20分前に雨雲等の接近を知らせ、落雷に関しては、現在地から10キロ圏内に落雷があった場合に通知が届く。

専門家による防災コラムも

『3D雨雲ウォッチ』で雨雲と雷雨を3Dで描画することと、気象や防災の専門家による防災コラムの配信によって、夏場の気象災害対策と被害低減を促進する。

気象予報士の小池佳奈氏によると、夏場に多い落雷だが、パワーがすさまじいのは冬場の落雷だという。夏場の雷より数百倍のエネルギーで落雷する場合もあると注意を促している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社エムティーアイ
https://www.mti.co.jp/?p=24164

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ