ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

メガチップス インフラ向けPLC通信規格 「IoT PLC」採用 へ

「IoT PLC」の採用背景

システムLSIメーカーの株式会社メガチップス(大阪市)は、2019年8月26日(木)にパナソニックが開発する国際標準規格、IEEE1901a準拠の「IoT PLC」IPコアを採用したと発表した。

採用の背景は、今後、市場増大が見込めるIoT(Internet of Things)のインフラ向け有線通信の需要に応えるためだ。

PLC(Power Line Communication)は電源プラグコンセントなどを使用し、容易にインターネットなどのネット環境に接続するためのもので、既に10年以上前から、規格としては登場している。

パナソニックは、PLCのオリジナル規格、「HD-PLC」と呼ばれる、高速電力線通信規格の広帯域版として、「IoT PLC」規格をリリースしていた。

「IoT PLC」の特徴

「IoT PLC」の特徴は、通信の周波数帯域を切り替えられることだ。

周波数帯を切り替えることで、通信距離を変化させることができる。また、通信速度をスケーラブルに変えられる。

通信距離の拡張は「HD-PLC」の約2倍。物理速度では、500Mbps(海外電力線通信時)まで拡張ができる。

現在では、無線通信であるWiFiを使用する家庭も多くなってきている。IoT機器が今度普及し、ネットワークにつながる製品が多くなると、通信は混雑し、飽和してくる。

しかし、有線通信を使用すれば、LANケーブル用のソケットが必要になる。

今回のPLCを使用するメリットは、ACライン接続する環境があれば、同時にネット接続ができる環境になり、非常に価値が高いといえる。

特に、IoTと相性の良いPLCを併用することは、産業分野にとどまらず、私たち家庭でも柔軟にネットワーク接続環境が構築できるメリットは大きい。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

メガチップス
https://pdf.irpocket.com/C6875/PMgI/SjRq/G7dB.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ