ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷、遠隔地の状況を映像でリアルタイムかつセキュアに確認できる機能を開発

IoT機器を安全・安心に活用

2019年8月22日、大日本印刷株式会社は、遠隔地の状況を映像でリアルタイムかつセキュアに確認できる「リモート監視機能」(以下、同監視機能)を開発したと発表した。
同社は、IoT機器を安全・安心に活用するために、通信機器同士の認証と管理を専用サーバーで行うVPN技術「DNP Multi-Peer VPN」(以下、同VPN技術)を、2015年より提供している。
同監視機能は、同VPN技術をネットワークカメラと閲覧端末に搭載することで、セキュアな通信環境で遠隔地の映像を確認できる機能を提供するものだ。

「リモート監視機能」の特長

同監視機能は、屋外で利用できるネットワークカメラ、LTEゲートウェー、およびカメラや映像データを保護するクライアントソフトウェアVPNで構成される。
このため、映像データをクラウド上のサーバーに保管せずに、閲覧端末で直接確認でき、個人情報の管理を外部に委託する必要がなく、セキュリティが保たれる。
また、カメラはLTEによるインターネット回線を利用するため、LANなどのネットワーク配線が不要で、ゲートウェーが自動復旧機能を備えているため、カメラがフリーズしても、復旧作業などの運用負荷を軽減できる。
さらに、同VPN技術により、カメラの映像データを暗号化して伝送するとともに、インターネット経由によるカメラへの不正アクセスやマルウェア感染を防ぐ。
なお、同監視機能の用途として、鉄道の踏切、建築現場、インフラ・物流施設、教育現場など、現地の状況をリアルタイムかつセキュアに確認したい場面での利用が挙げられる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192795_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ