ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEC、熟練者の意図を学習し、意思決定を模倣するAI技術を開発

2019.07.21

高度なスキルが要求される分野へAIを適用

2019年7月17日、日本電気株式会社(以下、NEC)は、熟練者の過去の行動履歴データから、意思決定モデルとして学習し、高度なスキルが要求される業務を大幅に効率化するAI技術(以下、同技術)を開発したと発表した。

ディープラーニングを使ったAI技術は、ビッグデータを分析して、製品の開発動向や需要予測・サービスの改善など、様々な分野で活用されている。

一方で、意思決定や判断などが必要となる業務においては、高度なスキルやノウハウが要求されるため、膨大な試行錯誤を行って熟練者の行動履歴や無意識な行動を反映する必要がある。

しかも、学習で得られた結果は、熟練者の判断レベルからかけ離れてしまうなどの課題があった。

このようななか、NECは、同社独自の機械学習アルゴリズムを活用し、熟練者の卓越した認知・判断に基づいて、高度な業務の意思決定を再現することができたとのこと。

同技術を活用することで、営業活動やプラント運転など、人が意思決定を下す属人的な業務にまで適用でき、幅広い領域での業務効率化が図られるとしている。

意思決定を模倣するAI技術の概要

同技術では、ビッグデータから多数の規則性を自動で発見し、分析するデータに応じて参照する規則を自動で切り替える異種混合学習技術を拡張し、複数の意思決定モデルとそれらの切り替えルールを学習する。

また、熟練者の過去の行動履歴から意思決定モデルと制約を同時に学習することで、安全で信頼性の高い意思決定が可能となるとのこと。

さらに、環境のダイナミクスが未知の場合でも、熟練者と非熟練者の行動履歴データをサンプリングして意思決定モデルを評価できるモデルフリー方式を新たに開発し、学習環境を大幅に簡略化した。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201907/20190717_02.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ