ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

iCeMS わずか1mmにインクなしフルカラー印刷

わずか1mm 世界最小サイズのフルカラー印刷

2019年06月20日、京都大学のホームページにて、シバニア・イーサン高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)教授と伊藤真陽同特定助教ら研究グループが、画期的な印刷技術を開発したことを発表した。

インクを使用しないフルカラー印刷によって、世界的に有名な葛飾北斎の代表作、「神奈川沖浪裏」を、大きさ1mmという極小サイズで再現することに成功した。同研究成果は、国際学術誌「Nature」(オンライン版)へ、2019年6月20日に掲載された。

構造色とクレージング

ポイントとなるのは”光”と”亀裂”で、ポリマーに圧力がかかったときに起こる、クレージング(OM(Organized Microfibrillation:組織化したミクロフィブリレーション))を利用して視覚認識させた。さらに特定の光を反射する素材を開発したことで、今回の成功が現実のものとなった。

インクなしのフルカラー印刷の原理は、自然界に存在する”構造色”だ。構造色とは、玉虫やクジャク、貝殻などが持つ特徴で、色素ではなく、光化学現象によって鮮やかな色彩を放つ。

多種多様な分野で応用可能

シバニア・イーサン教授は、同技術が14000dpiまでの画像解像度数に耐え、様々な素材に印刷できることから、医療現場や紙幣の偽造防止技術など、多種多様な分野で応用できるとしている。

伊藤真陽助教は以下のようにコメントする。

今回私たちはポリマーでOM技術を実証しましたが、金属やセラミック素材においても亀裂は起こると予想しています。私たちはこれらのマテリアルでも亀裂の制御ができるのではないかと研究を進めています。(「亀裂」と「光」で世界最小サイズの絵画の作製に成功 -インクを使わずに超高精細な印刷が可能に-より)

印刷分野の新たな局面に注目したい。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

京都大学ホームページ
http://www.kyoto-u.ac.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ