J-GoodTech新規登録はこちら

iPS細胞から拒絶反応の無い血小板を作製することに成功

iPS細胞から拒絶反応の無い血小板を作製することに成功

HLAクラスⅠの型を問わない

2019年12月27日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と千葉大学再生治療学研究センターは共同で、AMEDの支援の元、iPS細胞から血小板の作製に成功したと発表した。

なお、この血小板はHLAクラスⅠ型で拒絶反応を起こすことがないため、これまで必要とされていたHLA適合判断の作業が不要になる。

血小板輸血はHLA型が用いられる

一般的に人間にはABO式血液型で輸血が行われるが、白血病などの場合はHLA型とよばれる血小板の型が重要になってくる。

この血小板輸血時に、HLA型がいくつかあり、型が合致しないと拒絶反応を起こしてしまうことがある。

今回は、iPS細胞から作られる血小板において、拒絶反応を起こす要因であるHLAクラスⅠが発現するのを抑えることに成功した。

これにより、HLAクラスⅠ型で拒絶反応を起こしていた患者に対しても輸血が可能になる。

HLAクラスⅠ型は日本人の大部分を占める

今回、血小板の合致を決めるHLA型について研究を行ったが、HLAクラスⅠ型は日本人の約9割が持つ型であることが分かっている。

しかし、HLAクラスⅠ型には140種類もの細分型があり、全てに適合する型は存在しない。

ゆえに、患者の型に合う血小板型を持つドナーからの献血に頼るしかないのが実情である。

本研究では、これらの型全てに適応できる、ユニバーサルな血小板が作られることになり、様々な問題が解消されることとなる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AMED
https://www.amed.go.jp/news/release_20191227.html

 

すべてカテゴリの最新記事