ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

眠らせる新技術で活魚輸送「旅するおさかなプロジェクト」が発足

自然豊かな離島の活魚を都内へ

活魚を睡眠状態にし輸送する「活魚ボックス」で、離島で取れた活魚を新鮮なまま遠く離れた都内へ。2019年6月11日、そんな試みが「旅するおさかなプロジェクト」により実施された。

「旅するおさかなプロジェクト」は活魚輸送を行う日建リース工業株式会社、水産物卸業の大都魚類株式会社、壱岐島の魚を都市部に販売する株式会社リンク、全国各地の産品の開発・管理・拡販の支援を行う株式会社津々浦々をメンバーとする事業。

日建リース工業の機材により、水中に二酸化炭素を注入し魚を眠らせて生きたまま輸送を行う。眠らせることにより魚への負担を軽減し品質を保持できることと、回遊のスペースをとらず従来よりコンパクトになるため、一度に運べる魚の量が多くなることがメリットである。

6月11日から行われた実証実験

これまでは品質や物流コストの問題で離島から都市部への長距離輸送は難しく、主に島内での消費に限られていた。

長崎県の壱岐島にて漁獲された天然のイシダイやヒラメ、養殖のヒラメを東京都の豊洲市場へ輸送する実証実験と東京都内での試験販売を実施した。輸送を開始し、約24時間後に市場へ到着したのち、無事すべての魚たちが目を覚ました。新鮮な起きたての魚はセリにかけられ、すべて完売した。

今回の試みをうけて、自然豊かな離島の活魚を都市部でもより身近に楽しめるようになるかもしれない。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

旅するおさかなプロジェクト ニュースリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/186339

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ