J-GoodTech新規登録はこちら

敦賀市で北陸初の再エネ水素ステーションH2One ST Unitが開所

敦賀市で北陸初の再エネ水素ステーションH2One ST Unitが開所

エネルギーの多元化に向けて水素社会を形成

2019年12月26日、福井県敦賀市と東芝エネルギーシステムズ株式会社は、北陸地方において初となる再エネ水素ステーション「H2One ST Unit」(以下、同設備)を同市内に導入し開所したと発表した。

同市は、エネルギーの多元化に向けて水素社会の形成に取り組んでおり、水素エネルギーの活用に向け、積極的に推進している。

このようななか、同市と同社は、2018年8月に「水素サプライチェーン構築に関する基本協定」を締結し、同市内における水素サプライチェーンの構築に向けて検討しており、同設備もその一環として導入したとのこと。

再エネ水素ステーション「H2One ST Unit」の概要

同設備は、再生可能エネルギーで発電した電力により水素を製造し、燃料電池車に充填できるシステムで、1日当たり燃料電池車約8台分の水素製造能力を有し、最速3分で満充填できる。

さらに、2020年度上期中には、同社製自立型エネルギー供給システムのワンコンテナ型「H2One」を増設し、再生可能エネルギー由来の電気を、電気自動車や同市公設地方卸売市場に供給する「H2Oneマルチステーション」として稼働するとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝エネルギーシステムズ株式会社 プレスリリース
https://www.toshiba-energy.com/info/info2019_1226.htm

すべてカテゴリの最新記事