ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

空席情報配信プラットフォーム「VACAN」を商業施設「FUNDES銀座」へ導入

1フロアに1店舗の飲食店やカラオケなどの遊技場が入居

2019年12月25日、株式会社バカン(以下、バカン)は、2020年1月15日にオープンする都市型コンパクト商業施設「FUNDES(ファンデス)銀座」(以下、同施設)で、1階入口のデジタルサイネージ(電子看板)やスマートフォンに空満情報を配信する空席情報配信プラットフォーム「VACAN」(以下、同プラットフォーム)を導入すると発表した。

同施設では、1フロアに1店舗の飲食店やカラオケなどの遊技場が入るが、上層階の店舗の混雑状況はわかりにくく、1フロアに1店舗のため、1階が満席だと客はビルから去ってしまう可能性も高い。そこで、同プラットフォームを導入することなった。

空席情報配信プラットフォーム「VACAN」の概要

同プラットフォームにより、客は、入口付近で全てのテナントの空満状況を確認でき、混雑状況はスマートフォンによって専用URLから確認できる。

このため、客は安心して店を選び、同施設に入居するテナントは、上層階でも店舗の稼働率・認知度が向上すると期待される。

なお、同プラットフォームは、2019年6月にFUNDES上野、2019年11月にFUNDES五反田に導入されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社バカン プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000018933.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS