ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

三菱電機、AI技術「Maisart」で高精度に異常を検知する機器診断技術を開発

2019.07.11

高精度な予兆検知技術が求められる機器・設備分野

2019年7月8日、三菱電機株式会社は、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」(以下、同AI技術)を用いて、製造設備などの異常を高精度に検知する機器診断技術(以下、同診断技術)を開発したと発表した。

機器・設備分野では、従来は、事前に決められた時期に決められたメンテナンス「時間基準保全」を行っていたが、近年は、機器・設備などの状態に対応した、必要なときに必要なメンテナンスを行う「状態基準保全」に移行している。

一方で、「状態基準保全」では、保全を最適化するため高精度な予兆検知技術が求められるが、異常の頻度や異常時の波形の乱れ方が機器・設備の動作によって異なる場合があるため、単一条件を設定する従来の異常検知では、精度向上に限界があった。

AI技術「Maisart」を用いた機器診断技術の概要

同診断技術は、同AI技術により、機械学習と統計処理を組み合わせて、正常動作のセンサーデータから動作の移り変わりを表す「状態遷移モデル」(以下、同モデル)を自動生成する。

さらに、同モデルを用いて、異常が含まれる可能性のあるセンサーデータを動作ごとに分割することで、適切な異常検知条件を自動設定して異常を検知する。

同診断技術では、従来の単一条件設定よりも高精度に異常を検知できるため誤検知が減少し、機器の状況を確認する作業が軽減されるうえに、機器のダウンタイムが削減される。

また、同診断技術は、AIで細かな条件設定が自動化されるため、工場やプラントの運用担当者が人手で設定する必要がなくなり、異常検知システムの導入が容易となる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱電機 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ