ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

博報堂ら 準生活必需品シェアリングサービス実証実験開始

準生活必需品シェアリングサービス

2020年1月31日、株式会社博報堂(以下、博報堂)“新規事業開発組織「ミライの事業室」”は、東京都世田谷区の「下北線路街 空き地」(小田急電鉄株式会社)において、準生活必需品シェアリングサービスの実証実験(第1回)をスタートすることを発表した。
同実証実験は、住友商事株式会社(以下、住友商事)と共同で行われる。同実証実験の目的は
生活者主体のスマートシティ実現に向けた事業開発(プレスリリースより)
としている。

博報堂と住友商事が共同で開発を進めている“シェアリングサービス”は、近隣住民同士(半径数km圏内)のモノの貸し借りサービスだ。同サービスは、「モノの貸し借り」に留まらない“共助プラットフォーム”としての役割を果たせる可能性もあるとしている。

「下北線路街 空き地」に共有コンテナを設置

今回の実証実験では、「下北線路街 空き地」に共有コンテナを設置し、およそ50品の“準生活必需品”の貸し借りを行う。“準生活必需品”とは、レジャー用品や高圧洗浄機など、“たまにしか使わないがあると便利なもの”を指す。
同実証実験で、需要のある物品、利用率、住民同士で貸し借りが発生するのかなどを検証する。同実証実験は2020年2月1日から4月中旬を予定している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社博報堂
https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/77870/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ