ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ファナック、自社工場内で5Gを利用した電波伝送共同実験を開始

ロボット制御を有線から無線へ

ファナック株式会社、株式会社 日立製作所、株式会社NTTドコモの3社は、共同で第5世代移動通信方式(5G:5Generation)の共同検討開始に合意した。

ファナックは産業用ロボットの最大手であるが、自社工場でロボットや工作機械などを現在の有線通信から無線接続に変更し、5Gでの制御検証を行う。

日立は、5G制御ネットワークの適用性検討や、高精度映像を用いた遠隔保守作業を検証。

NTTドコモは、工場内での5Gネットワークの構築と、データを収集し活用を検討する。

5Gをスマートファクトリーに活用できる

工場内で使用される機械設備、ライン、センサーは、ファクトリーオートメーションと呼ばれる自動化生産がおこなわれている。

これらの設備、センサーを含めIoT化し、工場内の情報を全て集約させるスマートファクトリー化を推進することを目指しているが、この情報集約を5Gという情報通信網を使って管理制御しようと言うものである。

なお、現在の工場生産では、安定生産かつ遅延が許されない状況であることから、今後は5Gの安定性についても検証が進んでいく。

5Gの速度は4Gの10倍以上

現在携帯電話で使われている4Gは、最大で1Gbps(ビットパーセコンド:1秒間に1ギガの情報量を示す)程度で、インターネット動画などを見ていると時々止まったりすることがある。

これが5Gになると情報量は最大で20Gbpsに拡大し、ストレスフリーで動画を見ることが出来るとされている。

情報量が多いということは、通信速度が速くなると言う事であり、ロボットをリアルタイムで操作することも可能。

医療関連では、遠隔地からの診察や手術などに応用できると期待され、医師が都内の病院に居ながらにして地方の患者の応対が出来ると期待されている。
(画像はファナックHPより)

▼外部リンク

ファナックHPより
https://www.fanuc.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ