J-GoodTech新規登録はこちら

TRUST SMITHが障害物回避AIの開発成功

TRUST SMITHが障害物回避AIの開発成功

障害物回避型アームのアルゴリズム開発成功

TRUST SMITH株式会社は、人工知能を使った障害物回避型アームのアルゴリズム開発を成功させたことを発表した。2019年11月30日に、プレスリリースサイトにおいて明らかにされた。
TRUST SMITH株式会社は東京大学の学生らによるAIベンチャー企業だ。

1.最先端の機械学習技術
2.幅広い専門分野の技術者が在籍
3.徹底したクライアント志向
(プレスリリースより)

が同社の特長である。
会社規約に、売り上げの10%以上を社会投資すると明記しており、『より良い未来の為に』が創業精神だ。一方で、自らの心身の健康を重要視し、“献身”ではなく、より良い世界を“体現”していくとしている。

省力化とコストカットを実現

同アルゴリズムは「リーマン計量」理論に基づき開発を行い、障害物を回避して目的物へと到達することが可能となった。従来のアーム型ロボットでは不可能に近いとされていた作業を、AIソフトウェア拡張により、現実のものとする。
主に、製造業やサービス業、インフラ(原油)、農業分野での活躍が期待されている。同アルゴリズムをアーム型ロボットに活用することで、手作業で行っていた工程を自動で行うことが可能になり、工場などの現場で省力化とコストカットが叶う。
また、ドローンの自動運転航行への適用も実現可能だとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/

すべてカテゴリの最新記事