ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東京メトロ、非GPS環境下でのトンネル検査においてドローンの運用を開始

質の高いトンネル検査が可能

2020年2月4日、東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)は、株式会社ベイシスコンサルティングおよび東京大学大学院情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センターの協力のもと、非GPS環境下でのトンネル検査におけるドローンの運用を、2020年2月6日から半蔵門線で開始すると発表した。
トンネル内において構造物の状態を確認する検査は、これまで目視により行ってきたが、ドローンを活用することで、高い場所の構造物を目視より効果的に確認できるうえに、ドローンによる検査データを蓄積することで質の高いトンネル検査が期待される。
しかしながら、ドローンを活用する地下鉄トンネル内は、非GPS環境下であるうえに複雑な構造であるため、一般に販売されているドローンのように、GPSを活用して現在位置を把握したラジコン操作や自律飛行を行うことは困難だ。
そこで、非GPS環境下で自律飛行が可能な自律飛行型ドローン(以下、同ドローン)を開発した。同ドローンは、東京メトロにおいて、パイロットとして育成された社員が操縦するとのこと。

自律飛行型ドローンの概要

同ドローンでは、画像認識技術やAI技術を活用し、機体から撮影した画像を処理して壁や地面の特長を抽出・追跡し、姿勢変化や移動距離を計算できる。また、障害物の多い空間の状況を認識し、障害物との衝突を回避しながら自ら飛行計画を設計できるとのこと。
また、将来的には、ドローンで取得したデータを処理し、業務に組み込むまでの研究開発にも取り組んでいくとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

東京地下鉄株式会社 ニュースリリース
https://www.tokyometro.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS